中学受験となると空いている時間は勉強に回しがちですが、友達との付き合い方を考慮した学習方法にすべきです。
何故なら勉強だけが全てではないからです。
もちろん中学受験を成功させるには、勉強は必須です。
ですがひたすら勉強して仮に合格できたとしても、友達との付き合い方がわからなくなってしまいがちです。
それでは子供が内気な性格になってしまう可能性が高くなります。
そこで友達と遊びながら、勉強もやるというのが理想です。
例えば勉強し続けるのは不可能なので、休憩時間の時に遊ばせれば良いのです。
他には遊ぶ時間を周りに合わせ、それから勉強するのも手です。
そうすれば付き合い方を忘れなくなります。
それにこの学習方法は他にメリットがあります。
それは心の支えになる事です。
中学受験は受験生1人で何とかしなければなりません。
そうなるとプレッシャーを感じるはずです。
ですが同級生で一緒に遊ぶ仲間には、悩みを打ち明ける事があります。
悩みを持っていては本来の実力を出せないので、メンタル面の気遣いも大切になります。
このように学習方法はたくさんあります。
受験生をベストの状態にする事も親の務めなので、温かい目で見守った方が良いでしょう。