中学受験をする時は、応用力が必要となります。
しかし応用力と言うのは簡単に身に着く場合もありますが、多くの場合はしっかりと基礎が出来ていなければいけません。
その為、幼児教育、さらにその後の学習方法もしっかりと中学受験に向けた物にする必要があります。
まず幼児教育では、何度も繰り返すという事が必要です。
そうする事によって基礎を身に着ける事が出来るからです。
最初は何もできないという子も、何度も反復練習をする事によってしっかりと身に着ける事が出来るので、繰り返して行うようにしましょう。
小学校に入ってからの学習方法も、繰り返しと言う事が必要です。
特に低学年は何度も同じことを繰り返し、練習していく事によって基礎学力を身に着けて行く事が出来るでしょう。
またこの時に分からない事が出来てしまうと高学年になってから問題が発生してしまうので、分からない事は無い状態にしておく事が重要です。
幼児教育は全ての学習の基礎と言っても過言ではありません。
インプット、アウトプットの大切さを感じ、まずはしっかりと身に着ける事を目標とします。
そして中学受験に向けて基礎学力を身に付ければ、実際に受験の時に応用力を発揮する事が出来るでしょう。