中学受験の学習を進める上で、どうしても入りたい中高一貫校が決まったら、その学校の入試の過去問を解いてみるのは、とても大切なことです。
しかし、その活用方法については、ただ一通り解いてみればいいというのではありません。
中学受験における過去問の正しい活用方法というのは、あくまでも入試の傾向をさぐり、自分の苦手分野を克服することに意味があると言えます。
中学受験では、その学校独自の入試傾向のあるケースが多いので、自分の弱点や苦手な部分を見極めて、それを克服していく方法や対策を特別に考えていく必要があります。
また、多くの私立中高一貫校では、プレ模試や入試説明会を開催していますので、必ず参加してチャンスを活かすことが大切です。
たいていの場合は保護者も説明会に参加できますので、志望校の各教科の教員が「こういう力をつけてほしい」ということをしっかり聞いた上で、家庭で協力できることをできる限りしていく必要があります。
万全の対策をした上で入試本番に臨んだとしても、入試は水ものなので、なにが起こるかわかりません。
あまり第1希望の学校にこだわって執着しすぎるのもよくない面があります。
第2希望の学校や滑り止めの入試に備えて学力全体をアップさせて、入試一般に対応できるようにしておかなくてはなりません。
受験する学校の過去問全部を解いておくことは言うまでもないでしょう。